明け透け美容皮膚科

はじめての美容皮膚科で光治療が適している理由とは

はじめての美容皮膚科で光治療が適している理由とは?

光治療美容皮膚科といわれると、レーザー治療をイメージする方も多くいるかもしれません。ですがはじめて美容皮膚科を利用するのであれば、レーザーではなく、光治療を選択するのも1つの手です。ではレーザーと光治療には、どのような違いが存在しているのでしょうか。メリットやデメリットを比較しながら、自分に合った選択ができるように考えていきましょう。

光治療とレーザーの違いを知ろう!

はじめての美容皮膚科で光治療が適している理由とははじめての美容皮膚科であれば、レーザーと光治療のどちらが適しているのか迷ってしまうこともあるでしょう。そもそもレーザーと光治療には、光の種類の違いが存在しています。レーザー治療の場合には、単一の波長の光をピンポイントで照射して肌の悩みを解決する効果が期待できます。ピンポイントでほくろを除去したいときなどにも使われます。一方で光治療は、幅のある波長が複数に重なり合っているもので、しみやしわなどの症状や肌トラブルの改善にもつながる治療方法です。ピンポイントならレーザー、全体的な肌トラブルなら光トラブルと使い分けることも可能です。

メリットやデメリットから考えること

メリットやデメリット光治療が初めて美容皮膚科を利用する方に適している理由の1つが、肌への刺激が少ないという点です。レーザーは即効性があるものの、肌の表面を傷つけるため施術後に肌トラブルが起きる方もいます。光治療は肌トラブルが少なく、しみやしわなど複数の症状に効果が期待できる治療方法です。肌への刺激が少ないため、施術後は洗顔やメイクをすぐにすることも可能です。メリットがある一方で、光治療は施術が完了するまでに複数回の通院が必要というデメリットもあげられます。治療完了までの期間を確認してから、施術を受けるかどうか決めましょう。

肌への刺激が少ない光治療

光治療は、しみやしわなどさまざまな肌の悩みを改善する効果が期待でき、肌への刺激が少ないので施術後の肌トラブルも少なくて済みます。術後の肌トラブルが少ないことで、はじめて美容皮膚科を利用する方も安心して施術を受けやすくなっています。レーザー治療と比較しながら、実際に施術を受けるかどうか考えていきましょう。

二重顎を撃退して小顔になるための治療法とは

二重顎を撃退して小顔になるための治療法とは?

二重顎に悩んでいるものの、美容皮膚科で治療を受けるのには抵抗を持っている方もいます。治療に抵抗を持っている方が多い理由の1つが、改善のためにはメスを入れて整形する必要があるというイメージです。しかし二重顎を撃退して小顔を目指すための治療法には、ハイフやメソセラピーなどさまざまな選択肢があるため、自分の希望に合った選択肢を探っていきましょう。

二重顎はどのように改善するのか

カウンセリングを受けよう美容皮膚科における二重顎撃退のための治療法と聞くと、どのような選択肢を想像しますか?人によってはメスを入れて、美容整形をするしか二重顎を撃退する方法はないと思っている方もいるでしょう。しかし実際には、メスを入れなくても二重顎を撃退するためにできる治療の選択肢はいくつか存在しています。
例えばハイフという治療方法は、機器から照射される超音波を使う施術です。たるみのもとになる肌や皮下組織のゆるみに対して、肌の土台となる筋膜にアプローチできるのがハイフの特徴です。筋膜にアプローチしてたるみを改善することで、二重顎を撃退し小顔を手に入れることも可能です。またメソセラピーは脂肪溶解注射のことで、治療部位に直接薬液を注入する治療法を指します。痛みも少なく注射をするだけで、気になる二重顎の脂肪を溶解させることができます。

カウンセリングを受けよう

ハイフやメソセラピーなど、二重顎を撃退するための治療法にはさまざまな選択肢があげられます。実際にどのような治療法が適しているかは、個人の希望や肌の状態によって異なります。まずは美容皮膚科でカウンセリングを受けてみて、自分に適した治療方法を提案してもらいましょう。説明を詳しく聞いたうえで、納得できる治療法を選択することが大切です。

カウンセリングを受ける

自分に合った解決策を探そう!

二重顎を撃退して小顔を目指すための治療法といっても、複数の施術方法が存在しています。メスを入れなくても、ハイフやメソセラピーなどの施術によって二重顎は撃退できます。まずは治療法の選択肢を知ったうえで、施術を受けるか考えていきましょう。個人の状況によって適した治療方法は異なるので、美容皮膚科で相談してから施術内容を決めることが大切です。